2012年5月28日月曜日

Linux Mint 13 “Maya”




Linux Mint5/23にLinux Mintの最新版「Linux Mint 13 "Maya"」をリリースしたとのこと。さっそくPCにインストールして試してみた(この記事もLinux Mintから書いてます)。
今回試したのはMATE版。見た目がキレイですね。パッケージマネージャからChromium(Google Chromeのオープンソース版)、Opera、Dropbox、Skype、Picasa、その他いろいろなソフトウェアを簡単にインストールすることが可能。日本語入力を設定(以下に記述)すれば、Windows XPから乗り換えることもできるかも。あとはiTunesがあればなぁ…といったところ。

以下はメモです。



■固定IPを設定

左下「Menu」 -> コントロール・センター -> Network Connections


■日本語入力(Mozc)の設定

1. 左下「Menu」 -> パッケージマネージャ -> 「Ibus-mozc」をインストール
2. 左下「Menu」 -> 入力メソッド切替器 -> Use iBus (ibus) を選択 -> 半角/全角キーで切替可

■スクリーンショットを取得

左下「Menu」 -> アクセサリ -> スクリーンショットの取得

■ssh

sshは、標準ではClientしか入ってないので、Linux Mintにssh接続したい場合はopenssh-serverのインストールが必要。




0 件のコメント:

コメントを投稿